並木良和さん ライブ配信「あなたが主人公、光の波に乗って生きる」に参加して

5月16日に開催予定のワークショップがユーチューブでのライブ配信へ変更となりました。1700名ほどの方が参加しました。

今年1月には想像すらできなかった状況の変化を現在迎えているということは、これから3、4ヶ月先の短いスパンにおいても同じようなことが起こる可能性があります。特に9月以降は大きく世の中が動くと思われます。この変化の波についていくためにどうしたらいいのかが、本日のテーマです。

変化に対する順応性が求められています。そのためには自分の中の重荷を手放し、軽やかになっていく必要があります。私たちにとって一番手放したくない感情は、実は許せないことなのです。この政策や対応が許せない、あの人のことが許せない、あるできごとが許せないなど、自分の正義感に照らし合わせて非難や批判をすることがあると思います。許せない思いは自分で自分を苦しめることになり、ガンに発展することもあります。逆に許しができる人は9月以降の流れに乗っていくことができます。

許せない思いは自分をネガティブ側へ誘導し、波動を落とすことに繋がります。特に現在、今まで感じたこともなかったのに、思い出したくないような過去の記憶が蘇ってきて、イライラしている人が多くなっています。なぜかというと今の流れに準じて起こっているのです。つまりハイヤーセルフがあなたに気づきを与え、これらの感情の手放すように促しているからです。相手が許せないだけでなく、大なり小なり自分が許せない人も多くいます。許す必要のある人やできごとをリストアップして手放すことをオススメします。あまり細かく書く必要はありませんので、小学何年生の時に友だちにからかわれて恥ずかしい思いをしたなどのようにします。必ず自分のここがいやだとか許せない点もあれば入れて下さい。これにより自分が軽やかになり感性が上がり、自由さを深く感じることができます。サイキック能力も高まることになります。

今は水瓶座の時代です。その前は魚座で男性性が優位の時代でした。私たちは男性性から女性性への時代の変遷の中に生きています。つまりエネルギー的な変化が起きていますが、現実として具現化するには少し時間の遅れが生じます。来年の冬至になると本格的に女性性に移り変わります。魚座を司っていたアセンデッドマスターが大天使ミカエルに対して、水瓶座はセント・ジャーメインで、愛と調和を象徴しています。彼は、宇宙から降り注いでいる覚醒のためのエネルギーである12光線の内、第7光線(バイオレットフレーム)を司っており、許しについてとてもパワフルにサポートしてくれます。

●許せない気持ちを手放すワーク

自分の意識の中にセント・ジャーメインが存在していることをイメージする。目の前にある宝箱に許せない感情を形にして全て入れ、セント・ジャーメインのハートでバイオレットフレームにより浄化してもらい、光に変換してから自分に戻す。

●1秒前までの全ての過去を手放すワーク

自分の腰の辺りに過去の列車が長々と連結されているのをイメージする。連結部を手で掴んでから離し、列車が自分から離れ、宇宙に消えていくのを見る。

●過去生を含む全ての過去のデータを手放すワーク

目の前にダイヤモンド製のオクタヒドロンを用意する。自分の体をフィルムに見立てて、その一コマ一コマに過去のデータが記録されていることをイメージする。フィルムを全て剥がしてオクタヒドロンに入れ、天の川銀河スパイラルを通して源で浄化し、統合された光を取り込む。

●最高の可能性を含んだ未来を実現している自分にアクセスするワーク

「最高の可能性を体現している未来に繋がる」と宣言してから、自分を取り巻く未来のドアがたくさんあることを確認する。自分に相応しい一つの扉を開けて入り、最高の可能性を体現し、光り輝いている自分に会い一体化する。

意識をハートと松果体の両方に置くことで、精神性と物質性のバランスをとることができます。それにより心がニュートラルになり、周りのできごとに影響を受けにくくなります。2点を同時に意識することは難しいと思いますが、最初はハイヤーセルフと繋がるためのハートを意識し、慣れてきたら松果体にも意識をします。更に慣れてきたら、外に広がっているハイヤーセルフに対しても意識します。場所は頭上25から30cmを意識して下さい。練習することで複数のポイントを意識することができますし、そのような能力を私たちはもともと持っています。進化することで意識をいろいろな次元で使っていくことができます。例えば、セント・ジャーメインはバイロケーションといって、2箇所以上に同時に存在することができます。

6月下旬に今回のライブ配信のDVDが出る予定です。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA