バシャールが本当に伝えたいこと_7. 地球はすでに3次元から4次元へ移行している

地球はすでに4次元密度へ移行済みです。つまり私たちは高い意識で生活を始めることができる波動域に降り立っていることになります。またこれはちょうどレムリア文明が存在していた頃の波動域で、私たちにとって身近な古代文明が始まるちょっと前の状態へと舞い戻っています。エネルギーに敏感な人は、地球のエネルギーが以前と異なってきているのを感じ取ることができるかもしれません。小鳥のさえずりに癒しを感じたり、風に揺れる緑の木々や草がキラキラ輝いて、まるで私たちに問いかけているように見えます。空がいつもより青い感じがしたり、大地がほのかに輝いているように見えるかもしれません。空気が澄んでいて、生きたエネルギーが身体中を駆け巡るさまを感じ取ることができるかもしれません。

下の図は2次元的に見ると一筆書きの渦巻き状の線ですが、3次元的に見ると立方体の中に立方体がある図形が浮かび上がってきます。これはつまりあなたの思考が2次元から3次元へとスイッチしたことを意味しているのです。これが4次元密度的な見方の基本形で、360度上下左右全ての方向に意識を動かすことができ、無限への広がりを見せてくれるのです。

4次元密度の世界観を認識しつつある私たちは、これらの意識を行動に反映してゆくタイミングへやってきています。今まで習得した学びを実質的に行動へ移し、徐々に4次元密度の世界観を生活に取り込んでいます。最初の体験として人間関係が整理されてゆきます。あなたの世界観に合わない人たちとのコネクションはどんどん薄れてゆき、逆にマッチする人が増えてゆきます。ですから最初は人間関係の断捨離がスタートしますので、人の入れ替えが激しくなる体験をする人も多いでしょう。あなたが4次元密度の仕様になり、ありのままの自分へつき進んでゆくことができれば、2020年の終わりまでには全く異なる世界に降り立っているでしょう。

4次元密度の世界では、考えられないほどあなたの心と体は身軽になり、二度と3次元的思考を取り戻すことが難しくなってきます。もちろん4次元密度にいながらも3次元的思考を理解することは可能です。しかしその世界にフォーカスする動機付けや意味を見つけられなくなり、多くの人たちは3次元密度の世界を思い出すことさえしなくなっていきます。

現在の地球は4次元密度を物質的に体験し始めている人もいますし、3次元密度のまま生きている人もいますし、中には両方を行ったり来たりしている人も多くいます。4次元密度の世界では時間の感覚がもっと柔軟です。5分間が15分くらいに長く感じられるようになるかと思えば、次の瞬間数秒に感じられることもあります。つまり私たちの意識次第で時間が柔軟に変化していきます。またシンクロニシティが頻繁に起こることになります。シンクロニシティによって導かれ、シンクロニシティによって私たちの今ここの立ち位置を把握することができます。また新たな波動を感じることができるようになったり、非物質界の存在やガイドとコミュニケーションがとれるようになります。なぜならば非物質界の波動域と私たちが存在する物質界の波動域が重なってきていることにあります。

例えば花の香りや心地よい風もまた波動でありエネルギーなのです。そのエネルギーを変換して私たちは味わっています。高次元のエネルギーが強まると、これらの感覚に深みが生じてくるようになります。香り以外にも味を感じたり、映像を見たり、感覚を味わったりと、多数の感覚を一度に経験することができるようになります。さらに五感以外の感覚に目覚めるようになることで、今まで見えていなかったもの、聞いたことの無い音、感じたことのない感覚を体感できるようになってくるのです。

あなたの意識が覚醒した瞬間、体の密度が実際に低下し、軽くなる感覚を味わうことになります。この感覚を記憶しておくようにしましょう。そうすることでいつでもこの高波動の感覚を呼び出すことができ、更なる高波動を呼び寄せ、やがては4次元密度へと到達していきます。4次元密度の世界は直感がメインで働く世界となります。つまり、心で感じる答えがあなたの進むべき道となります。そして直感は遺伝子と連動して活性化されています。ある遺伝子がオンになっていないと直感を受け取ることができません。オンになるタイミングは人それぞれ異なり、今世でそれを体験しない選択も十分あり得ます。時に事故や病気などのショック療法を使ってスピリチュアル的に一気に覚醒するという選択をする人もいます。または小さい頃から既にオンになっている人もたくさん存在しています。

4次元密度に移行すると死に対する考え方に変化が訪れてゆくようになります。病気が激減し、苦しんで亡くなる人がほとんどいなくなります。そして例え病気になったとしてもまず苦しまずにすぐ亡くなってしまうケースがほとんどで、闘病生活を送るといったこともほとんど無くなります。

明晰夢を見ている時は4次元密度、あるいはそれ以上の次元の世界を体験しています。この時のあなたは体は眠った状態なので、非物質的な存在として次元を旅しています。そして亡くなった愛する人やガイドと会って会話を楽しんだり、必要な情報を得たりしているのです。もちろん体は布団の中ですが、非物質部分である魂が高次元の世界を経験しているのです。思ったことが瞬時に反映され、想いと周囲が同調して連動していることをしっかり把握することができます。

あなたの遺伝子もオーラも、地球の磁場も光も、ミステリー・サークルなども多次元的な存在です。3次元密度の世界では平面でフラットにしか見えませんが、4次元では全く違った見え方をしています。私たちは4次元密度の仕様に自分を変化させている最中にあります。4次元密度の世界に続き、私たちは一気に多次元的世界観を体験するようになります。5次元や6次元といった更に高い次元も体験できるような、いわゆる高次元のエッセンスを感じとれる感覚を持てるようになります。4次元から5次元へステップアップするよりも3次元密度から4次元密度の方がはるかに大きなジャンプとなるのです。つまり大きな精神的インパクトを受け取ることになります。

私たちのDNAの97%はガラクタで意味がないと考えられてきました。これらのジャンクDNAは高次元へシフトした時に活性化する遺伝子で、通常の五感以外の能力とのコネクションを持つ遺伝子に相当します。レムリア文明時代、DNAの約90%がONの状態でした。心と体とのコミュニケーションが円滑に保たれていたので、体に不調があったりウィルスが侵入してきても事前にそれを知ることができたのです。そしてたとえ体に不調があっても、自己治癒で直ぐに健康を維持することができました。またDNAが活性化していることで非常に高い視点を維持することができたので、戦争といった対立を選択として選ぶ必要もありませんでした。それ以降、私たちのDNAはだんだん不活性化してゆき、現在ではほんの数%しか機能していません。病気が体に巣食っていても手遅れになるまで分からないのは、私達のDNAがきちんと機能していない状態にあるからです。私たち人類とバシャールのDNAはかなりの部分が共通しています。しかし私たちは自己否定をすることで無限大の可能性に封印をしてしまったのです。しかし4次元密度の世界ではレムリア時代のようにDNAの機能が回復しはじめ、かつてあった時代の再来を告げています。

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA