バシャールが本当に伝えたいこと_4. 今この瞬間しか存在しない

心が満たされて心地よい時には何も欲しません。なぜなら今この瞬間に満足し、満たされているからです。つまり人や物や状況が一時的に心地よい自分にしてくれているかもしれませんが、それは文字通り一時的なことです。実際に心地よい自分を創り出しているのは、自分自身の心のあり方なのです。自分が生かされていることを理解し感謝できるようになると、どんなことにも感謝できるようになります。そうすると小さなことに思い悩んだり心配することがなくなり、自分が生き生きとして今の瞬間を楽しんでいることにフォーカスできるようになります。自分自信が好きになり興味が持てるようになりますので、初めて人を信じ受け入れることができます。これが未来に対する不安も過去に対する後悔もないありのままの自分でいる「今この瞬間」に生きる感覚です。このポジティブな感覚や感情は、例えば不機嫌や悲しみを抱いている相手に伝搬しますので、相手が自分自身を振り返ることでさまざまなことを学び取るチャンスを与えることになります。

いつも感謝できるようになると、必要なものはすべて整っていて、自分は本当に自由だということが認識できるようになります。なぜかというと、自分が存在し生かされていることをフルに受け止めるようになるからです。自分という存在に感謝の気持ちが沸き起こり、100%フォーカスできるようになるからです。

私たちは直線的に時間軸をとらえていますが、実際には過去も未来も全てが今この瞬間に存在しています。ただ私たちは今この瞬間を使って過去に思いを馳せ、まだ来ぬ未来に焦りを感じたりしているのです。今この瞬間の私たちの感情がこれから体験する現実を創り出し、私たちが体験したであろう過去の時間軸をも同時に創り変えています。ですから今この瞬間以外は存在していませんし、今この瞬間にのみ全てが行われているのです。今この瞬間が私たちの引き寄せの起点そのものになりますから、当然ながら今この瞬間に生きることがとても大切になります。生き生きとした今の自分の意識が愛と光に満ち溢れた現実を創り出すことになります。

私たちの社会では時間が直線的に流れていると認識しています。よって幾つものバージョンの歴史が存在しているという概念をなかなか理解することが難しいかも知れません。しかし実際に歴史は直線上に存在しているわけではなくホログラフィック(立体的な空間)に存在しています。今ここのあなたの意識が変わるということは視点も一緒に変化し捉え方が変わります。つまりあなたのあり方が変化した分だけの歴史をあなたは体験したことがあるということが言えます。でも全くそのことを覚えていません。なぜかというと自分を変えることで全部の歴史をリセットし、また初めから歴史を作り変えていることにあるからなのです。

未来も過去も同じように変更可能です。あなたはちょうど真ん中のニュートラルであるゼロポイントフィールドに存在しています。このゼロ地点こそが全てが創造される場であり、今ここを表しているのです。そして今ここに生きることとは、ゼロポイントフィールドに生きることであり、そしてこの場こそが宇宙をかたどる巨大なエネルギーが物質界に流れ込む源泉なのです。3次元密度の古い直線的視点である「過去→現在→未来」を、まずは最初に手放す必要があります。つまり古い時間の概念が新しく作り出されるエネルギーにブレーキをかけてしまうことにあるからです。過去や未来の情報の何もかもをごちゃ混ぜにして、いったんそれらの波動をリセットします。今度はハイヤーマインドからやってくる直感を取り入れて、新しい現実を創り出してゆきます。つまりあなたは過去も未来も、さらにパラレルワールドのその全部をも自由に操作することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA